Lightコア

by Shun Kakinoki · Mar 31, 2022

 Views

本日通して考えたのですけれども、、 次のLightとしてのコアのところは、SocialFiだなって考えておりまして。 従って、トークンが必須でその仕組みがコアになるのかなと。 そのため、DeFi強いてはGameFiのプロジェクトと同じく、仮説(Whitepaper)ベースのもと、プロダクトありきで上場する形となります。

背景としては、仮説検証を疎かにするということではなく、、そもそもweb3自体が実験思考で動いていて、その中でもオンチェーンでTokenが絡むケースにおいては、仮説を前提としてプロダクトをローンチすることが多い気がしております。(ex looksrare, sushi, compound等)

もちろん、長期的にうまく行くのは少数なのですけれども、ユーザー体験を実現するためにオンチェーンのトークンが不可欠なので、手段としてそうなるかなと。その代わり、一層仮説を突き詰めて考えてそれをexecutionする必要があります。ですので、「作り切らないと検証ができない」のがDeFiやGameFi, ひいてはLightとしてもSocialFiが当てはまるのかなと見ています。 その理由をFirst Principlesとしてみると、オンチェーンの取引は必然的にアセットなので、市場価値がついてしまいます。なので、ecサイトを作るに値するのが、on-chainにあたるsmart contract=Light の場合tokenになります。従って、DeFiのプロジェクトはトークンローンチ(上場)が仮説検証のサイクルに値するような構成です。 * 上場という言葉が適切かはわかりません。既存の市場でいうスタートアップの上場とは全然意味合いが違うので。TradFiの場合、上場は監査を経てある程度の規模を経流のに対して、DeFi(Web3)の場合、個人がトークンを発行することが実質上場することとどう意義です。

ただ山田さんと内藤さんがおっしゃる通り、「最低検証範囲をしっかり指定することが大事」は本当におっしゃる通りだと思っていて、2022年の2Qないで、コアなユーザー体験を実現する最小限のプロダクト作りからトークンをローンチ(上場)するところまでやり切りたいなと。

Lightとしての問題解決は 「web3の体験を限りなく易しくすること」 そのために、① web3にsocial性を持たせる ② web3の情報を一箇所に ③壊滅的なweb3モバイル体験をux firstに また、以下は個人的な感覚なのですが、ToCのモバイルアプリを鑑みてると問題解決ももちろん、いかに生活に溶け込むくらい体験を充実させられるかという点が非常に大事だと思っています。極端な話、僕はTwitter/Facebook/Snapchatがなくても全然問題なく生きていけます。ですが、Google/Amazonがないと困ります。前者と後者の違いは、(優劣ではなく)、如何にアプリの体験価値が日常に染み付いているかを表しているのかなと思っています。Lightとしてはどちらかというと前者なので、「新しい体験価値」をもたらすことによって、Lightが10億人の日常に浸透しているような世界線を築ければ良いなと思っております。Lightがweb3のマスアドプションの発火点となり、web3の素晴らしさが広めり万人が何処でも稼げる世界となれば良いなと。

長々とすみませんが、このように本日時点で考えております。

Subscribe to my newsletter.

Every Sunday, I send out an exclusive email with the three coolest things I’ve discovered that week in the world of web 3.0.

  Subscribers